普通のそばにフライドポテトを乗っけただけの珍メニュー

全国各地で話題になる珍メニューは多くあります。阪急十三駅の「阪急そば若葉十三店」で食べられるフライドポテトそばもツイッターやSNSで話題になり、広がったメニューの一つです。その味は一体どういうものなのかと気になる人が多かったため一気に拡散されました。

普通のそばにフライドポテトが乗っただけ

阪急阪神レストランズが「阪急そば若葉十三店」で売り出したフライドポテトそばは、その名の通り普通のそばにフライドポテトを乗せたものです。価格も370円と安く、登場した日から人気メニューとなりました。ツイッターなどでも「おいしそう」話題になり、遠方から食べにくる人もいるそうです。

北海道産のじゃがいもを使ったサクサクのフライドポテトにそばの出汁が染み込み独特な歯ごたえを作っています。塩辛さと油っこさがクセになる一品なのでリピーターも多いとのことです。提供される際にはポテトとそばは別々の皿に盛られており、それを自分でかけるというもの。最初は勇気がいるのですが、一度食べると病みつきになります。

だし汁に浸したり、サクサク感を楽しんだり、自由な食べ方で飽きない

上記の通りポテトとそばは分かれた形で出されるので、味わい方は本当に客の自由です。出汁をしっかり染み込ませ、柔らかくなったイモを楽しむのもよし。カリカリのままさっとそばに絡めて食べるのもよし。何度もトライして好きな食べ方をさがしてみてください。

フライドポテトはごく普通のもの。ファーストフード店などで出てくるものと大差はありません。またそばもどこでも食べられるようなものです。特にこれといった特徴はないものですが、二つ組み合わせることで全く新しいメニューが誕生しました。

コロッケをのせたり他にも斬新すぎるのっけそば

フライドポテトそばも新しいですが、全国には他にも斬新なそばやうどんがあります。東京など首都圏にはコロッケそばというものがあり、こちらもまた人気でたくさんの人に親しまれています。コロッケが具としてのっており、やはり油っこさを楽しめるロングセラーです。

一見カツ丼に見えますが、カツの玉子とじを乗せたそばはボリューム満点で食べるだけでお腹がいっぱいになります。立ち食いそばの中にはイギリスをイメージしたフィッシュ&チップスというものもあり、こちらもまた話題を呼んでいました。

駅ナカで食べられる珍メニューはツイッターやSNSなどで拡散されて話題になります。このフライドポテトそばもその一つです。発祥の地である阪急十三駅からスタートして新たな流行を作り出しています。

代表的なファーストフードを自分なりに見つける

ファーストフードの危険度とは!?

ファーストフードというと代表的なのがマクドナルドやケンタッキーフライドチキンですよね。

私はマクドナルドをよく利用しているのです。

何故ならマクドナルドは私の自宅から近場にあるのでよく利用しているのです。

反対にケンタッキーフライドチキンは私の自宅から少々遠い所にあるのでケンタッキーが食べたいなと思っても中々食べに行けないのです。

なのでマクドナルドを利用しているのです。

私はマクドナルドではコカ・コーラとフライドポテトとチキンナゲットとハンバーガ(特にダブルチーズバーガー)を食べているのです。

それが美味しくて私はマクドナルドを利用するのが止められないのです。

従って毎日マクドナルドでファーストフードを取っているのです。

確かにマクドナルドのファーストフードは美味しいです。

ですがマクドナルドなどのファーストフードは取ってはいけないそうなのです。

知らず知らずのうちに私の体が蝕まれていっているらしいのです。

マクドナルドなどのファーストフードには防腐剤が含まれているそうなのです。

防腐剤は一般的には殺菌作用がない薬品とされているのです。

なのでマクドナルドのファーストフードを食べると菌を知らぬ間に取り込んでいることになっているのです。

ファーストフードの危険性は何も防腐剤に限ったことではないのです。

最近はニュースでマクドナルドのチキンナゲットが中国産からタイ産に変わったという話題で持ちきりかと思います。

○○から○○に変わったという事は、それだけファーストフードに問題があるということなのです。

マクドナルドなどのファーストフードは美味しいのでついつい食べてしまいがちなのですが、多く摂取すると思わぬリスクを背負うことになってしまうのです。

それに、エッチがしたくなったからといってファーストフードとの併用は、副作用などのリスクを伴うので危険です。